BIGMOUTHの日記

ANA修行、ヒルトングランドバケーション、ヒルトン、アメックスなど体験したことを伝えたいと思います。

2019年ANA修行の傾向は?~PP単価を考える~

2018年10月で修行のルールが変更になります。

今まで地方から海外へ、

海外から日本国内へ、

価格重視のエコノミーでも海外搭乗は予約クラスでしたが、

国内分のみ100%ついていました。

いままではこの条件を上手く取り入れPP単価を下げることができました。

今後は価格重視のエコノミーを購入しても、

PP単価を逆に上げてしまう、

毒薬を仕組まれた条件になってしまうのでは?と考えてこの題名にいきつきました。

 

クアラルンプール~福岡を例にします。

 

f:id:BIGMOUTH:20180806115501j:plain

 

価格重視型のエコノミークラスで、

10月前の場合PP単価=78270/7274=10.76円ですが、

 

11月からは

f:id:BIGMOUTH:20180806115912j:plain

 

国内線予約Vの場合(Qの場合もありますが)で計算

PP単価76110/6140=12.39円

航空運賃は下がっても、

PP単価は上がってしまいます。

 

やはり少し高くても、

区間100%加算のプレミアムエコノミーが今後も、

重視されると思われます。

但しプレミアムエコノミーPP単価はどこも安いのか?

比較してみました。

 

海外発券国内最強PP単価6.8円のクアラルンプール~福岡以外の、

クアラルンプールを起点として、

クアラルンプール~東京~海外~東京~クアラルンプール

私がよくやる旅を2分割するタイプを検討してみました。

 

まず初めにシドニーへ!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806121401j:plain

 

PP単価は309560/26202=11.81円です。

以前検索した時は25万以下で購入できましたので、

値上げが響いていると思われます。

但し一回の行程をこなすと26000PP獲得する達成感を得られます。

またシドニー

人気の都市です!

これからも人気が続くかもしれません。

 

シンガポールへ!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806121903j:plain

 

PP単価は203820/21548=9.45円です。

 

国内出発の場合、

シンガポールの前後に沖縄を挟むのはかなり体力的に負担だと思います。

それに比較してこの旅程は多少高くてもギリギリ我慢できる日程かと思います。

 

バンクーバーへ!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806122339j:plain

 

PP単価は209620/20976=9.99円

カナダに興味があり、

何か自分にプラスがあれば良いのですが?

物価を考えると、

食事とホテル等入れると軽く11円台に突入すると思います。

 

メキシコシティ―!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806122743j:plain

 

PP単価は383680/25620=14.97円

メキシコシティは高地のため、

特別な機体で座席数も絞っています。

この路線ビジネス向けの路線のため、

やはり高くなってしまうのか?

 

ニューヨーク!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806123017j:plain

 

PP単価は226600/25060=9.04

ニューヨーク、物価が高くてホテル等考慮すると11円を確実に超えると思います。

但し、

この旅程をこなすと一気に25000獲得できるのが魅力です。

 

ワシントンへ!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806123324j:plain

 

PP単価は226640/25138=9.01円

ニューヨークと一緒です。

やはり旅程をこなした後の満足感は格別だと思います。

 

最後にホノルルへ!

 

f:id:BIGMOUTH:20180806123533j:plain

 

PP単価は207400/19276=10.75円

何故か勝負できる値段になってきました。

但し物価が高いハワイ、

ホテルや食事を考えると、

やはりPPは高くなる傾向になると思います。

ただし安心感は良いですよね!

 

今回検討した2分割の旅程のメリットは、

体力負担の軽減が挙げられます。

国内発券海外行の場合、

どうしても沖縄、福岡などをつけると、

家から現地まで行き、

現地から旅が始まり、

帰国後も現地まで戻り、

現地から家へ、

かなりの負担です。

2分割については、

一旦リセットして再度旅を楽しめるメリットが挙げられます。

 

PP単価を地域ごとに書き出しました。

PP単価の良い地域、

悪い地域が見えてくると思います。

ちなみに欧州ですが、

価格が50万を超えていて、

計算する気にさえなりませんでしたので、(´;ω;`)ウッ…

省略致しました。

 

ここで一つ面白いデーターが、

実はこれは4月起点クアラルンプール、

5月海外への設定の料金です。

ホノルルが安くなっていることに気づきましたか?

やはりA380就航の効果を見込んでか?

今後が期待できます。

ハワイが修行路線になれば楽しく修行できるかもしれません。

 

2019年の路線を調べていて、

傾向が少しづつ変わっていることに気づきました。

PP単価10円を目指すなら、

シドニーが除外され、

鉄板のクアラルンプール~福岡!

アメリカ、カナダが有力か?

もしくはアジア~東京~アジア!

クアラルンプールから東京からシンガポールと遠回りルートもいけます。

先程示した通り、

このルートはOKA、FUK~SINを一気にやるより、

体の負担が少ないことがあげられます。

 

なぜこんな面倒なことを?

このチケットのメリットは?

誰でも買えること、

体への負担が少ないことです。

 

以前にも述べましたが、

沖縄の安いプレミアムクラスチケットは、

平日を除いて、

土日のチケットを入手できる人はダイヤモンド以外ほんの一握りのラッキーな人です。

プラチナの私でさえそう感じているのですから、

一般の人はもっと入手できないと思います。

この海外発券チケットはあのカースト制みたいな、

上級会員の上からチケットを撒いていく、

販売方法ではなく、

自由に席さえあれば誰でも買える早いもの順のチケットです。

 

2019年の路線を探すと、

以前と少し違うルートが見えてきました。

2020年はクアラルンプールから起点が移動するのか?

では何処が起点になるか?

どの地域へ飛べば、、、

変化を捉えていかないといけません。

それにはまずは柔軟性が必要です。

 

こんかい傾向を述べました。

対策は?

修行は試験ではないです!

人それぞれに対策があると思います。

PPなんて所詮マジックみたいなもの!

何を言いたいのか?

 

f:id:BIGMOUTH:20180806163133j:plain

 

こんなルートがあります。

普通にANAのホームページで買えます!

PP単価7.9円です。

普通の人は買いませんし、

思いつきません。

上手い言葉で表すと独創性ですが、( ´艸`)

つまり単なる変人しかこんなこと思いつきません。

これを見つけた瞬間!ヽ(^o^)丿

これが修行の醍醐味!だと思います。

なぜ修行するか?

 

この年になってくるとだんだん頑固になってきます。

昔はもっと柔軟性があったと思っていたのですが、、、(-_-;)

国内をウロウロするのも人生経験を豊かにすると思いますが、

やはり自分をいじめるため?戒めるために海外へ!

最近このように感じてきております。