BIGMOUTHの日記

ANA修行、ヒルトングランドバケーション、ヒルトン、アメックス、ダイエットなど体験したことを伝えたいと思います。

クアラルンプール修行に良いと思いますが、、、?

 このような記事を発見しました。travel.watch.impress.co.jp

 来年度の修行を色々と探していたのですが、最終的にはご存知の通りシンガポールかクアラルンプールになってしまいます。シンガポールの場合OKA-SINが有名でやはりこれに勝るものはないと思います。

しかし時間を考えると中々難しいと思います。

シンガポールの場合、(週末完結の場合)

金曜日日中に沖縄往復し夜中(土曜日朝)にシンガポールへ、土曜日の夜中(日曜日の朝)にシンガポールから成田へそこから沖縄往復の旅行日程だと思いますが、金曜日もしくは月曜日会社を休まないといけなくなります。一日平日が入るそこが会社勤務にとって一番のネックです。

多分修行をやっている人は家庭もしくは今の生活を一番に、余裕の部分で修行を楽しんでいると思います。仕事をおろそかにするとこの生活ができなくなりますし、家庭崩壊にも繋がります。

また私は一度単純HND-SINをやりましたが、+OKAはどうしても自信がありません。

途中でアポ(脳梗塞)るか、肺梗塞起こして楽しむどころでは、、、、

そこでクアラルンプール発券修行+周遊を組み合わせるプランを検討しました。

ただクアラルンプールに行くのが本当に大変です(金額的に)。日本発券のクアラルンプールの往復がプレミアムエコノミーで17万します。シンガポールは11万ぐらいです。

ちなみにクアラルンプール発券の日本行き往復は8万ぐらいで、とても安いです。

問題は日本発券のチケットは期間を限定します。そのためHND-KUL(日本発券)KUL-HND-ISG-HND-KUL(クアラルンプル発券)KUL-HND(日本発券)を約1か月に一度完結で計画しないといけません。またクアラルンプール発券がいくら安くても日本発券が高いのでPP単価が相対的に高くなります。これならシンガポール単純往復をこなしていても良いのかと心が揺れ動いていました。

 今回上記の記事を発見して渡りに船で、6か月の間、KULと日本周遊を組み合わせるプランを3月から計画することにしました。ちょうど8月のハワイ旅行が9月のクアラルンプールで終了するのでそれに合わせてダイヤモンドになる日程を今後考えて組み合わせていこうと考えております。

このプランは修行する方、特にクアラルンプール発券に興味がある方には、長期でゆっくりと旅程を組めるというメリットがあると思います。

私はクアラルンプール発券を色々調べていましたが、最後に片道発券という言葉にたどり着きました。そこでは特典航空券やスタアラで片道発券しているシンガポール航空、タイ航空、エアーチャイナなどありましたが、問題は最後の旅行の締めです。締めはどうするか?

そんなことを色々考えると気が狂いそうになります。(笑)

このプランならゆっくり色々と日程等考えられますし、最後の締めの日程も決められるので安心です。

但しクラスがPだけ注意してください。(加算が70%です)