BIGMOUTHの日記

ANA修行、ヒルトングランドバケーション、ヒルトン、アメックス、ダイエットなど体験したことを伝えたいと思います。

スターアライアンス加盟航空会社よりANAの海外発券が一番PP単価がお得なのかな?2019年度版

 

f:id:BIGMOUTH:20180513192024j:plain

 

これまでスターアライアンス加盟の航空会社でPP単価を下げようと!

オススメしてきましたが、

スターアライアンス加盟の航空会社で、

PP単価が8円切る路線が見当たりません。(中国国際航空は除く)

色々と考えてみました。

 

f:id:BIGMOUTH:20180513190747j:plain

                          (ANAホームページより)

 

やはり一番大きな部分は国際線アジア、オセアニア路線に1.5倍の倍率が適応されます。

 

f:id:BIGMOUTH:20180513191343j:plain

 

この掛け算が曲者です。

以前2018年度の修行について書かせて頂きましたが、

 

bigmouth.hatenadiary.jp

 

タイ国際航空のヨーロッパに行くプレミアムポイントについて訂正させて頂きました。

そう1.5倍増しで計算してしまいました。

計算していて1.5倍の大きさを実感しました。←今更ですが(^_^;)

 

例えば、

タイ航空で6万のバンコク行きのチケットを100%積算されるチケットを購入すると、

2888×2=5776(往復) PP単価=60000/5776=10.38円

 

ANAで6万で70%積算されるチケットを購入

3012×2=6024(往復) PP単価=60000/6024=9.96円

割引されているチケットでもPP単価が安くなります。

これは1.5倍の効果です!

これはわかりやすいように例えの話です。

 

そこに国内線の2倍が加わるとどうなるでしょうか?

積算率が下がっても2倍になるのです!

とてつもなく有利だと思いませんか?

現在国内線無料区間が存在します。

そう!

福岡です。

 

f:id:BIGMOUTH:20180513194609j:plain

 

チケット代88129円/13082=約6.7円です。

そう私が探していたチケットが見つかったのです。

一日ずらすことででてきました。

前回のブログで石垣を書かせていただきましたが、

石垣の往路と復路の日にちを間違えて検索をかけたら違う料金が出てきました。

 

問題として一日泊まることです、、、(-_-;)

福岡にはヒルトンがあります、、、

宿泊代がPP単価を押し上げるのが痛いです。

 

もしかしたらと、、、

旅割で福岡→羽田→福岡をかますと、、、

約21000円で往復買えます。

21000/1700=約12.4円ですが、

国際チケット代を足して、国際のPPを足すと!

109129/14782=約7.3円です。

数字のマジックです!

 

石垣も検索!

KULーISG

PP単価105577円/15710=約6.7円

ISGーHND

旅割75で約23500円の往復47000円

運賃7 1836マイル×2=3672

PP単価=47000/3672=約12.8円

合わせると

152577円/19382=約7.9円

一応8円切っています。

 

如何でしょうか?

PP単価8円以下の路線が見つかりました。

KULーOKA、KUL-FUK、KUL-ISGです!

沖縄線は単純往復、石垣線、福岡線は旅割75を前提としています。

旅割75は席がある程度確保されています。

(注意:旅割75に関して2018年度10月で検索しています。2019年度がまだ検索できません

プレミアムクラスを予約するより簡単です。

 

表題についてのまとめとして、

スターアライアンス加盟の航空会社でPP単価の安い路線を見つけたい場合、

アジア、オセアニア以外の路線、

つまり欧米、欧州などANAの1倍区間で、

予約クラスが高い、安いチケットなら勝負できると考えられます。

いかにそのチケットを探すかはその人のセンスだと思います。

しかしANAの上記に挙げた路線についてはセンスはいりません!

 

 

f:id:BIGMOUTH:20180513191034j:plain

                         (ANAホームページより)

結局は数字のマジックです。

どのようにその数字を操るかはその人の考えです。

ただ色々なスターアライアンス加盟の航空会社を経験するのも楽しいですし、

経験することで、

ANAの良さがわかると思います。